厄介な外来種

外来種が、日本古来の生態系を荒らすというのは、よくある話です。
典型的な例としては、ブラックバスやブルーギルのような大型の淡水魚が、日本の湖を荒らしまわっています。
琵琶湖などが良い例ですが、ブラックバスやブルーギルの食欲が旺盛なせいで、日本古来の種が食べられてしまっています。

この外来種の被害というのは、何も魚類に限った話ではありません。
哺乳類でもよくある話しです。アライグマというのは、アメリカ大陸に分布している動物です。
アライグマの被害としては、雑食性で何でも食べてしまうということと、感染症や寄生虫を媒介するというところです。

このような特徴があるために、アライグマは日本にも生息するようになってから、日本古来の生態系を荒らす動物として指定されるようになりました。
具体的には、ふくろうの巣を奪ってしまったり、家畜を襲ってしまったり、農作物に対して大変な被害をもたらすなどがあります。

繁殖も旺盛で、二歳以上の妊娠率はほぼ100%だそうです。
発情期も年に二度あるので、一度目で失敗しても次の発情期に産んでしまいます。
見た目は可愛らしいですが、本質は害獣なので、ハウスクリーニングなどの業者に駆除を頼みましょう。
ハウスクリーニングは、家における害獣対策に長けているので、相談するのに最適な業者です。
アライグマを見かけたら、まずは相談だけでもいいので、ハウスクリーニングに問い合わせをしましょう。ハウスクリーニングなら、駆除も害獣を避けることもできます。

外部リンク

実績のあるハウスクリーニング業者が大阪にあるんです|オン

プロのハウスクリーニングサービスは名古屋で利用しよう:4L
埼玉でハウスクリーニングのことならこちらで住まいの悩みを解決してくれますよ。|nippolife(ニッポーライフ)

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし